ビジネスニュースまとめch

主に経済関連のニュースをまとめています
RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

世界の自動車業界、「4大グループ」に集約へ--日産と三菱自が提携、今後の焦点はマツダとスズキ

1 :ライトスタッフ◎φ ★ 2013/11/06(水) 08:35:53.14 ID:???


日産自動車・仏ルノー連合と三菱自動車が新車開発・生産など広範な提携の検討に入った。
合計の世界販売は年900万台。生き残りの一つの指標となる「世界販売1千万台」へと
一歩近づいた。今後、自動車の世界再編はトヨタ自動車、日産・ルノー連合など「4強」を
軸に進む可能性が高い。日本勢ではスズキ、マツダが焦点だ。

2012年末、三菱自動車は中国自動車メーカー大手との提携交渉を進めていた。中国メーカーが
三菱自に出資する案も検討された。しかし三菱自の株主から理解が得られずご破算となった。

三菱自の提携戦略は誤算の連続だ。3割の出資を受けた独ダイムラークライスラー(現ダイムラー)
との資本提携は05年に解消。仏プジョーシトロエングループ(PSA)やインドのタタ自動車との
資本提携交渉も不発に終わった。三菱グループ内では将来的に日産・ルノー連合との資本提携を
期待する声もある。

三菱自を提携に駆り立てたのは「世界販売100万台の規模で生き残りは難しい」(幹部)との
危機感だ。エコカー開発や新興国など成長市場に迅速に対応するには、世界販売1千万台の
規模が必要とされる。その水準に達しているのはトヨタ自動車、米ゼネラル・モーターズ(GM)、
独フォルクスワーゲン(VW)。日産・ルノー連合は三菱自との提携で「1千万台クラブ」に
入るための素地を作った。

今回、日産・ルノー連合との提携で三菱自は効率的な事業体制を築けるようになる。6日発表の
中期経営計画ではセダンは縮小し日産・ルノー連合に開発を委ねる。約20ある車種は2割程度
減らす。多目的スポーツ車(SUV)やプラグインハイブリッド車(PHV)を主力とし、
16年度までに13年度計画比でロシアと北米で販売を倍増。東南アジアも3割増やす。

今後、世界再編の焦点となるのが日本の中堅自動車メーカーだ。

世界販売が年73万台の富士重工業は05年にトヨタから出資を受け、ハイブリッド技術や
スポーツ車の開発・生産などで連携を深めている。

マツダは10年に米フォード・モーターとの提携を大幅に縮小。世界販売は年123万台にとどまる。
現在はトヨタとハイブリッド技術の供与やマツダのメキシコ工場でのトヨタ車の生産で提携する。
イタリアのフィアットともスポーツ車の共同開発・生産で提携。フィアットのセルジオ・マルキ
オーネ最高経営責任者(CEO)はマツダとの提携強化を望んでいるとされる。

スズキは19.9%の出資を受けるVWと提携解消を巡って国際仲裁裁判所で係争中だ。同社の
世界販売は年260万台だがインドなど新興国に強い基盤を持つ。仮に提携解消が成立した場合、
VWが持つスズキ株の行方も含め再編の火種となりそうだ。



◎http://www.nikkei.com/article/DGXNNSE2INK01_V01C13A1000000/?dg=1



スポンサーサイト
[ 2013/11/09 09:20 ] 企業 | TB(0) | CM(0)

キヤノン、ニコンの牙城狙うソニーの快進撃

1 :鏡泊湖ρ ★ 2013/11/06(水) 19:57:45.53 ID:???


■キヤノン、ニコンの牙城狙うソニーカメラ事業の快進撃

α7シリーズを発表するソニーの石塚茂樹・業務執行役員
SVPデジタルイメージング事業本部本部長
Photo by Ryosuke Shimizu


ソニーが10月16日に発売した新商品「α7R」と「α7」がその“刺客”だ。
レンズが交換可能なミラーレスと呼ばれるジャンルのカメラで、
特徴は他社では大きなボディに搭載している大型の受像センサーを、
およそ400グラムの小型ボディに搭載した点にある。

この1年ほど、ソニーのデジタルカメラはカメラファンをうならせるものばかりだった。

その起点は2012年6月に発売した「RX100」というコンパクトデジカメだ。
同機種もボディは小型ながら比較的大型のセンサーを搭載し、カメラ雑誌の批評や
インターネットの口コミサイトなどでは、圧倒的な高評価をもって迎えられた。

RX100のみならず、以降も発売するカメラやレンズは、長期間品薄状態が続くことが多かった。
ソニーといえば、近年、エレクトロニクス事業が失速し、ブランド力も低下しかけていただけに、
カメラファンは「ソニー、どうしちゃったの?」と驚いていたのだ。

実際、価格下落の激しいデジカメ分野で、RX100とその後継機や
20万円近い高級機種「RX1」は価格維持で健闘している。

(続く

ダイヤモンドonline



[ 2013/11/09 08:51 ] 企業 | TB(0) | CM(0)

寝台特急「ブルートレイン」全面廃止へ、半世紀以上の歴史に幕…「あけぼの」は来春、「北斗星」も2015年度中に

1 :諸星カーくんφ ★ 2013/11/07(木) 08:09:08.09 ID:???


 青い塗装の寝台特急「ブルートレイン」が2015年度末までに全面廃止される方向で検討されていることが6日、JR関係者への取材
で分かった。

 現在運行する「あけぼの」(上野―青森)は来春のダイヤ改正で姿を消し、「北斗星」(上野―札幌)は北海道新幹線の15年度末の
開業に合わせて同年度中に廃止される見通しで、半世紀以上の歴史に幕を閉じる。

 関係者によると30年以上使用している客車24系の老朽化が進んでいることや、新幹線、航空機といった高速の交通機関との競争で
乗客が著しく減少しており、存続が難しくなった。

ソース(共同通信) http://www.47news.jp/CN/201311/CN2013110601002308.html
写真=引退することが決まった寝台特急「あけぼの」




[ 2013/11/09 08:33 ] 社会 | TB(0) | CM(0)

「ほめて伸ばす」が人気--“ベタボメ自動車教習所”は生徒大幅増、“ほめる達人検定”も登場

1 :ライトスタッフ◎φ ★ 2013/11/03(日) 10:18:58.61 ID:???


「ポータル ANNニュース&スポーツ」で11月2日に放送した特集のディレクターズ
カット版です。

今回は、若者に人気の“ほめまくる”自動車教習所を密着取材!なぜ今“ほめる”ことが
求められるのか。そこには現代人特有のある理由が…。

●動画ニュース抜粋 

◎ニュースに登場する「三重県南部自動車学校」
http://www.safety-nanbu.com/

◎ニュースに登場する「ほめ達!」検定
http://www.hometatsu.jp/test/

◎ソース ANNの動画ニュース
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000015341.html



[ 2013/11/09 08:18 ] 社会 | TB(0) | CM(0)

『凍土壁』開発は135億円、『除去設備』は70億円--経産省、福島第1原発の汚染水問題で事業者を公募

1 :ライトスタッフ◎φ ★ 2013/09/11(水) 22:43:52.49 ID:???


経済産業省は11日、東京電力福島第1原子力発電所の汚染水問題で、原子炉周辺への
地下水の流入を防ぐ「凍土壁」と、汚染水が含む放射性物質を減らす除去設備を開発する
事業者をそれぞれ公募すると発表した。公募期間は24日までで、月内にも事業者を選定する。

政府は汚染水問題を収束させるため、2013年度予算の予備費から205億円を投入することを
10日に決めた。凍土壁に約135億円、除去設備に約70億円の補助金を、それぞれの開発を
受注した事業者に交付する。

http://www.nikkei.com/article/DGXNASDF1100B_R10C13A9EE8000/



[ 2013/11/09 08:06 ] 原発 | TB(0) | CM(0)

今期も赤字! アマゾンの驚くべき経営手法が分かるたった1枚のグラフ

1:依頼@@@@ハリケーン@@@φ ★ 2013/11/02(土) 22:49:38.34 ID:???


ここに驚くべき、1枚のグラフがある。ここには、ジェフ・ベゾスの驚くべきヴィジョナリー性
と、Amazonという企業の真のスゴさが詰まっている。それは、彼らの売上げ高と純損益を
記した1枚のグラフだ。



この意味はシンプルだ。彼らは2009年以降、驚くべき急成長を遂げてきたにもかかわらず、
その純損益はほとんど変化すること無く、収益を投資にまわしているのだ。このグラフは、
彼らが毎年のように赤字を発表しているにもかかわらず、そのことに投資家が拍手喝采を
送っているという奇妙な(しかし、全く持って正当な)理由を示している。

これは従来の常識では考えられないことだ。アマゾンの第3四半期決算は、純損益は4100万
ドルの損失となり前年同期を下回ったものの、相変わらずの赤字を計上した。一方で、
売上高は171億ドルに達して、前年同期の138億ドルから増加した上に、アナリスト予想平均
の168億ドルを大きく上回った。市場からの評価も高く、常に安定した期待を集めている。

■希代のビジョナリー、ジェフ・ベゾス

彼らの素晴らしさについては、我々は度々言及してきたが、 このグラフはそれ以上のことを
物語っている。同社は、ネットの本屋さんを脱して、ネットのウォルマートとなり、そして
、IBMを倒した後は、Paypalとも戦おうとしている。しかし、彼らが書籍ばかりではなく、
クラウドや決済にまで事業領域を拡大しているという事実のみに注目すると、ジェフ・ベゾス
という男の本当のスゴさを見誤ることになるだろう。

アマゾン、というよりもベゾスは本当に厳しい男として名を馳せている。彼はシリコンバレー
で流行の手厚い福祉厚生に手を出さない。彼らは、Googleの20%ルールや、facebookにおける
ハッカソンなどに代表される、「自由で創造的な社内文化」という企業ブランディングとは
無縁だ。

ベゾスのキャラクターはスティーブ・ジョブズの死後までそれほど注目されることは無かったが
、独裁制(あるいは、リーダーシップ)に関してはジョブズに通ずるものがあり、そのこと
がプラスに働いていない局面も少なくない。そして、彼の会社がやっていることは、一見
すると華やかなコンシューマー向け製品の開発や、世界一の検索エンジン、そしてSNSと
いったものに比べて、地味な印象さえ受けるかもしれない。

にもかかわらず、彼は現在、最も野心的な起業家の一人だと見なされている。彼が、Google
やfacebookのような夢の空間を提供する意志がないことで、多くのエンジニアがそれらの
会社の福利厚生や高額な報酬につられたと噂されている。しかし、ベゾスは常にたった1つ
のことを約束するだけだった。それは、「アマゾンの顧客と株主の利益」だ。それも、長期的な。

ソース:THE NEW CLASSIC
http://newclassic.jp/archives/2439

(つづく)



[ 2013/11/04 23:46 ] 企業 | TB(0) | CM(0)

東電社員が「夜の銀座」に帰ってきた -- 銀座ホステスが語る、東電社員の今

1 :ライトスタッフ◎φ ★ 2013/11/03(日) 21:32:16.20 ID:???


■業者にタカるセコイ輩も東京電力は福島原発事故から3年ぶりに
中間決算が黒字転換した。

原発事故直後は「世間の目があるから高い店は自粛」なんて“不文律”
もあったそうだが、だんだん“夜の宴(うたげ)”も復活しつつあるらしい。

ある銀座の小料理屋の女将が耳打ちする。
「本社が銀座の隣にあるでしょ。以前は週に3回通ってくれた
東電の常連さんがいたけど、事故後はピタッと来なくなったの。
毎回1万~2万円は使う人だから痛かったけど、その人がね、

今年の夏ごろから週イチペースで顔を出すようになってきたのよ。
『そろそろほとぼりも冷めただろ』なんて笑ってたわ」

座ってウン万円、銀座高級クラブの30代ホステスも口をそろえる。
「東電の客がいなくなって銀座のクラブは大打撃だったのよ。
東電だけで持っているような“箱”もあったし。

でも、ちらほらだけど見かけるようになってきた。
ひと頃の勢いはないし、取引先にたかるセコイ東電さんも増えたけど、
来てくれるだけでありがたい」

銀座の40代スナックママもこう話す。
「ウチは1人1万円台。ホント少しずつだけど、東電さんが
戻ってきてくれてる。でも『銀座のスナックじゃまずいから、
他の店の領収書を用意しといて』なんて頼まれたり。仕方ないわよね」

さすが黒字企業、飲み方が違うが、釈然としない。
黒字転換はコスト削減が功を奏したと報じられているが、
人件費カットは183億円。

一方、庶民に負担を強いた値上げで、電気料金の実入りは
1770億円も増えている。自分たちは大して腹を痛めていない。

さすがにまずいと感じたのか、広瀬直己社長は記者会見で
「厳しい状況に変わりはない」と神妙な面持ち。

下半期は設備工事の増加などで費用がかさむ見通しで、
「コスト削減をさらに深掘りしていく」
なんて言い訳していたが、社員にはしおらしいフリは浸透していない。

「今でも悲愴(ひそう)感が漂っているのは原発関連の部署だけで、
他は以前の雰囲気に戻りつつある。

給料が下がったとはいえ、最近、都心に戸建てを買った同僚もいます。
娘の学校のためだとか。
『ローンが組めないメガバンクがあった』なんてボヤいていましたが、
特に生活が苦しいというわけではありませんね」(本店勤務の30代社員)

せいぜい景気回復に貢献してください。

◎東京電力(9501) http://www.tepco.co.jp/
http://news.livedoor.com/article/detail/8218089/


[ 2013/11/04 23:11 ] 企業 | TB(0) | CM(0)

スマートフォンの出荷台数、初めて減少:需要の伸び悩み

1 :本多工務店φ ★ 2013/11/04(月) 11:24:38.40 ID:???


急速に普及してきたスマートフォンですが、9月までの今年度の上半期に、
国内で出荷された台数は前の年の同じ時期に比べて14%減って、
初めて減少に転じたことが分かりました。

民間の調査会社、「MM総研」によりますと、ことし4月から9月までの
今年度の上半期に国内で出荷されたスマートフォンの台数は1216万台でした。

これは、前の年の同じ時期に比べて14.5%少なく、
スマートフォンの出荷台数が前の年の同じ時期を下回るのは、
調査を始めた平成20年度以降、初めてのことになります。

スマートフォンは急速に普及が進んできましたが、
このところの需要が伸び悩んでいることを示す形となりました。

メーカー別のシェアは、アップルが首位で36%、次いで、ソニーモバイルが22%、
シャープが11%などとなっています。

その一方で、スマートフォン以前には首位を争っていたNECとパナソニックは
シェアをそれぞれ数%に落とし、

このうちNECがスマートフォン事業からの撤退を余儀なくされるなど、
国内メーカーでも明暗が分かれています。


ソース:NHKニュース
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131104/k10015784961000.html



[ 2013/11/04 22:43 ] 製品 | TB(0) | CM(0)

スズキ・鈴木修会長「軽よりもダイヤに増税を」…総務省の増税検討に怒りあらわ

1 :きのこ記者φ ★ 2013/11/02(土) 20:20:50.04 ID:???


「どう考えても弱い者いじめだ。(増税なら)ダイヤモンドのような高級品にかけたほうがよほどいい」-。
スズキの鈴木修会長兼社長は1日の記者会見で、総務省が軽自動車税などの増税を検討していること
について、怒りをあらわにした。

鈴木会長は、国際的に見た場合、自動車に対する課税は乗用で年間7200円という
現在の軽自動車税の水準が妥当だと指摘。
安倍晋三政権が経済界に賃上げを求めていることに対しても、
「(増税で売り上げが)どれだけへこむか分からない。考えている暇がない」と反発した。

総務省の有識者検討会が10月31日にまとめた報告書は、軽自動車税と自動車税との間に
4倍以上の税額差があることを問題視。
同省は自動車取得税廃止に伴う年約1900億円の税収減を補うため軽自動車税を増税する方針だ。
一方、スズキが1日発表した平成25年9月中間連結決算は、円安による為替差益やインドネシアや
タイなどでの販売好調が寄与し、
営業利益が前年同期比36・5%増の902億円、
最終利益が23・3%増の516億円だった。利益額と利益率はいずれも過去最高を記録した。
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/131102/biz13110214330007-n1.htm


[ 2013/11/04 22:27 ] 税金 | TB(0) | CM(0)

輸入「ティッシュ」急増 安価の中国製が中心--薄い利幅、国内企業に危機感

1 :ライトスタッフ◎φ ★ 2013/11/04(月) 13:23:17.01 ID:???

かつて国産の牙城だったティッシュペーパーやトイレットペーパーなどの「家庭紙」市場で、
中国製を中心とした輸入品が急増している。中国で工場が増えて生産過剰になっているのが
要因。家庭紙は利幅が小さく、安い輸入品が増えれば価格競争がさらに激しくなるため、
道内にも工場がある大手メーカーは警戒している。

「輸入増加で本年度のティッシュの出荷量は前年比93%。かつてこんなに減ったことは
なかった」。1日に東京で行われた製紙大手、王子ホールディングス(HD)の決算発表
記者会見。武田芳明常務は家庭紙の不振に危機感をあらわにした。

家庭紙の輸入量は2000年にティッシュペーパーが4千トン、トイレットペーパーが
377トンで、国内市場のシェアは1%もなかった。ところが12年はティッシュが
15倍の6万トン、トイレットが100倍超の4万トンに増え、シェアはそれぞれ11%、
4%に上る。

日本家庭紙工業会によると、輸入増の要因は、00年代前半から大手量販店などが自社開発
商品(プライベートブランド)で中国製などを扱うようになったこと。同後半からは中国の
工場急増による過剰生産が重なり、拍車がかかった。

今年は円高が是正されたにもかかわらず、ティッシュの輸入量は1~8月で前年同期比
43%増の5万3千トン、トイレットが同12%増の2万7千トンと、増加傾向が続く。
同工業会は「円安による原料価格上昇で国内メーカーが製品を値上げしているのに対し、
価格を抑えたい小売店が輸入品を増やしている」とみる。

家庭紙は「ティッシュ5箱198円」など特売の目玉になりやすく利幅は薄い。関係者に
よると国内メーカーの多くが赤字体質という。ある大手メーカーは「さらに輸入品に
シェアを奪われたら、道内を含め国内工場が縮小されても不思議ではない」と懸念する。

輸入品に対抗するため、王子HD子会社で苫小牧工場を持つ王子ネピアは、適切に管理された
植林木が原料であることを示すFSC認証紙を採用し、「自然環境に優しい」ことをアピール。
「エリエール」などを生産している赤平製紙(赤平市)の親会社、大王製紙は収益性が高い
高級ティッシュ「贅沢(ぜいたく)保湿」の販売に力を入れる。

王子HD、大王製紙とも輸入品は今後も増えるとみており、両社の担当者は「付加価値の
高い製品で差別化しなければ生き残れない」と話している。

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/economic/502065.html


[ 2013/11/04 21:50 ] 製品 | TB(0) | CM(0)
人気記事ランキング
ブログパーツ
株価&為替ボード
ブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ニュース
2700位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
時事
1028位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。